賃貸か持ち家か!?賃貸住宅を選ぶメリットについて

修繕費を貯める必要がない

住居を持ち家にするか、賃貸にするかはそれぞれの思想によって解釈が異なっていますが、賃貸住宅に住む場合は、修繕費などのメンテナンス費用を確保する必要がありません。マンションを保有している場合は、毎月修繕積立金を管理組合で徴収する必要があり、一戸建て住宅でも設備や外壁が老朽化した際の修繕のためにお金を貯めておく必要があります。しかし、賃貸住宅に住んでいる場合は、建物のオーナーに修繕の義務がありますので、一切の修繕費用を請求されることはなく、メンテナンス費用の面では節約することができます。

引越しがいつでもしやすい

一戸建て住宅やマンションを保有して住んでいる場合、隣の住戸やマンション住人同士でトラブルになった場合にとても住みづらい状況に陥ってしまいます。トラブルになってしまい、住人同士が険悪になった場合でも簡単に引っ越すことはできず、引っ越すためには自宅を売却したり、売却できない場合の金銭負担はとても大きいものになってしまいます。その点、賃貸住宅の場合はご近所トラブルになったとしても、賃借契約を解約するだけなので、持ち家の人よりもフットワークが軽くなるメリットがありますね。

様々なタイプの物件が対象になる

持ち家の人は一般的に住宅ローンを利用して終の住処として住宅を購入する傾向にあるため、同じ物件に住み続けることになります。賃貸住宅に住む場合は、自分の意向に応じて様々な立地条件、構造の住宅に住める可能性があり、気分次第で住環境を変えられるというメリットがあります。純和風の住宅からモダンな洋風住宅、眺望の良いマンションなど、様々な魅力のある住居に住むことができるというのは、一つの魅力だと言えるでしょう。

札幌の賃貸は家賃の相場が高く、オーナーは利回りが良いと一般に言われているが、北海道ならではの設備も労力もいるので維持費コストを入れると一概に言えないです。

未分類カテゴリーの記事