マンションはどうやって選ぶか!利点などから考えてみる

マンションはアパートと比較してどうなのか

まずアパートとマンションの比較でいうと、アパートは構造が木造や軽量鉄骨造で階数も2階建てまでのものが多いのに対して、マンションは鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造、あるいは高層のものになると鉄骨造のものになる場合が多く、階数も2階以上から超高層のものまであります。マンションは壁厚も大きく、防音・遮音、断熱性能に優れ、アパートは界壁構造が防音や遮音に問題がある場合が多く、このあたりが選択で2つに分かれるところといえます。

マンションの場合のメリットについては

マンションの場合はエレベーターがついている場合が多く、その点はあまり労力を使うことも無いようです。しかしこの設置基準というのは法的には無くて多くの場合には6階建て以上の場合に付いている場合が6割程度でそれ以下の5階建て以下の場合はついていない場合も多くあるとされています。アパートは限られた敷地で2階建ての賃貸用の建物を建てる場合に、いかにして安い予算で多くの人に貸せるかということで間取りを簡略化して多くの隣戸との仕切り壁を作り、いかに安い家賃に設定できるかを考慮します。一方マンションの場合は如何に駅までの距離が短くて周辺に利便施設があるところを確保できるかにポイントが置かれます。

それ以外のマンションのメリットとは

マンションは構造が鉄筋コンクリート造やその他の堅固な構造でしかも耐震基準に従った地震に強い構造になっています。たとえ大きな地震が起こった場合、超高層と呼ばれるようなマンションでも地震の揺れを吸収する独自の工法が取られているために心配する必要がないと言われています。設備機器等も高級なものが設置され、内装も高価なもので造作がなされているために耐用年数も長く資産価値も高いとされています。しかも管理人体制が取られ、防犯設備機器も設置されていますので、女性でも安心して住みつくことができるとされています。

函館のマンションの契約方法は、様々な住宅情報誌などで紹介されることがあり、丁寧な対応の業者を選ぶことが肝心です。

未分類カテゴリーの記事