知っておきたい!家賃保証会社についての基礎知識

そもそも家賃保証会社とは

家賃保証会社(賃貸保証会社)とは、部屋を借りるときに必要な「連帯保証人」の代理を有料で引き受けるサービスを行っている業者のことです。また連帯保証人は、部屋を借りた人が家賃などを(債務を)支払えなくなった場合に、その代わりとして支払う義務がある人のことを指します。一般的には自分の両親や親族などに連帯保証人を依頼するケースが多いのですが、最近では身寄りの無い高齢者や、さまざまな事情により連帯保証人を見つけるのが難しい場合も増えているため、代理サービスの需要も増えていると言われています。

家賃保証サービスの料金やシステムとは

家賃保証会社のシステムは、契約時と、多くの場合2年ごとの更新時に利用料を支払うというもので、その料金は業者によって異なります。契約時は家賃の3割~1ヶ月分が相場だと言われていますが、更新時は、契約時よりも料金が安く設定されるのが一般的です。また家賃保証のサービスは、連帯保証人を立てられない人にとって便利である一方、家賃を滞納した場合は、通常の契約をしたケースより、取立てが厳しくなる傾向があると言われています。

家賃保証の審査内容とは

家賃保証の審査については、主に家賃を支払えるだけの収入があるかどうかや、金融事故歴の有無などがその対象になりますが、業者によって細かい基準は異なります。また「賃貸保証データベース」と呼ばれる情報ソースが審査に利用されている場合は、過去に家賃の滞納があると、審査の通過が難しくなるケースもあると言われています。また、連帯保証人がいる場合でも家賃保証サービスへの加入が義務付けられている場合もあるため、部屋探しをするときは事前に確認することも必要でしょう。

江別市の賃貸はネットで簡単に検索して見つけることができますが、他の賃貸と比較してもとても安い値段で住めます。

未分類カテゴリーの記事