これを見れば安心!相続税の節税対策と注意点

不動産による節税対策

相続税の節税対策として、不動産による節税対策があります。相続税は現金を不動産に変えることによって大幅に減税することが見込まれ、特に建物を建てて貸し付けることによって、土地や建物の評価減や小規模宅地の評価減の対象になり相続税以外にも所得税や固定資産税の節税にもつながります。不動産による節税対策の注意点としては、空き室のリスクです。特に借入金をしている場合は収支がマイナスにならないように注意が必要です。

生命保険による節税対策

他にも相続税の節税対策として生命保険による納税対策があります。生命保険金は法定相続人の数?500万円が非課税になるのでかなりの節税を期待できます。また通常であれば被相続人の銀行口座は凍結されて使えなくなってしまうのに対し、生命保険金は受取人が手続きをすれば現金にすることができるのでそのお金で相続税を払うことができます。注意点としては、生命保険は健康なうちにしか入ることができないので早めの対策が必要になることと受取人によっては遺産分割でもめる原因になることです。

養子縁組と生前贈与について

可能であれば相続税の節税対策として養子縁組と生前贈与を検討することをおすすめします。養子縁組は孫などの身内を養子にすることによって相続人の数を増やし基礎控除額を増加させ税率を低くさせる方法です。注意点としては相続人が増えるので遺産分割の際もめる原因になってしまう場合があります。生前贈与は生きている間に贈与することによって財産を減らし相続税の節税をする方法です。注意点としては贈与である説明がしっかりできないと逆に加算税となって多くの税金を払う恐れがあることです。

相続税対策として生前贈与は有効な手段です。65歳以上の親から、20歳以上の子あるいは孫へは2,500万円まで非課税で贈与できます。2,500万円を超えた分については、一律20%の贈与税がかかります。

未分類カテゴリーの記事