マンションの経営のコツをよく理解しておくこと

まずはいくらで買うのか

マンション経営というのは、まずは経営するマンションの購入費用から考える必要があります。それによって損益分岐点が大きく違ってくるからです。これがまずは大事なことになる、というのは間違いないです。購入する方法はいくつもありますが、少なくとも新築だけはやめておいたほうがよいでしょう。これは物凄くコストが高くなってしまうからです。ですから、中古で購入する、ということが最も重要な行為であるといえるのは確かでしょう。

誰に貸すのかということも

マンション経営は安定していることも大事な要素です。誰に貸すのか、と言うことが大事になってきます。要するにキチンと家賃を支払ってくれる人であるのか、ということです。これが安定した経営において途轍もなく重要になってきます。信用調査なども必要になりますし、保証人なり、保証会社などとの契約もしてもらえるようにしたほうがよいでしょう。そうすれば安心して貸すことができるようになります。これも重要視するべき点になります。

損益分岐点を把握すること

マンション経営に限ったことではありませんが、いつまでに投資額を回収できるのか、というのが大事になります。これが損益分岐点になります。この計算は総合のコストをキチンと把握しておくのが肝要といえます。上手くすれば10年以内に投資額を回収できるようになることもあります。それはとても良いことではありますが、焦りすぎることは避けたほうが良いでしょう。つまりは、少しでも良い人に貸せることを意識したほうがよいです。高く家賃を設定したり、誰でもよいから借りてくれる人を見つけるのがよいわけではないのです。

マンション経営は節税対策として行う方も多くいます。固定資産税や都市計画税などが軽減できるので、資産家の方には特にメリットが高くなっています。

未分類カテゴリーの記事