各地のマンション事情についてのこと!違いについて

京都府は規制が強いです

中心部の一部の話ではありますが、京都府は実はマンションに強い規制があります。それが景観を壊さないようにするための措置であり、しっかりと認められていることになります。古の都としての地位を確立しているわけです。観光業にも力を入れていますから、あまりにも高い建物は作れないようにしている、という経緯があるわけです。これは考え方としては素晴らしいですが住みたい人にとっては選択肢が狭まってしまうわけでもあります。

関西圏のマンションとは

関西圏のマンションといいますとどうしても大阪が目に行きますが、やはり古くから京都は人気があります。京都府はとても大きな都道府県ですからマンションも沢山あります。しかし、意外とよく知られているのがマンションの規制です。景観を壊すことを理由にマンションを建てることにいくらかの規制が京都にはあります。但し、これはすべて、全域ではないです。そうした意味で別に探すのに困るわけではないです。いくらでもある地域です。

岐阜県のマンションについて

岐阜県のマンションと言うのはなかなか安い物が多いです。立地的によいところであっても決して相場は高くないです。但し、相場の高低があるのは仕方ないです。安いところであれば2000万円弱程度から売っています。億ションも今では珍しくなくなっていますし、タワーマンションなどにおいてはその金額は少なからず価値があり、また需要があります。岐阜県であろうともこれは同じです。ですから、やはり高いマンションはどこでも高いです。

少子高齢化に伴い建設が相次いでいるシニア向け分譲マンションの最大の特徴はバリアフリーが行き届いていることです。高齢者への配慮が至る所に為されているため、不慮の事故に遭うリスクを抑えられます。

未分類カテゴリーの記事